ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

【百ます計算】1ヶ月で親子でいい変化が見られました【9月度の報告】

こんにちは。

百ます計算やったら人生変わりそうな予感のするこじっぺです。

8月24日から始めた百ます計算が、おかげさまで開始から1ヶ月経過しました。

子供だけではなく、家族全体にいい変化が出てきています。

f:id:koshibu:20161002103417p:plain

 

子供のいい変化

集中力が付いてきた

何よりもいい変化なのが、この変化。

集中力がついてきた。

テレビのCMの最中にしっかり勉強できるようになったというのに驚いたのが、開始から27日程度経った頃だったのですが、最近は、お笑い系の番組で「自分に興味のないタレントさんが芸をやっている時間」にも、勉強できるようになりました。

 

あんなにうるさいテレビをつけっぱなしなのに、「あ、この芸人さん面白くないや」と思った瞬間にやりかけの宿題をパパッとやれるってすごい集中力だと思うんです。(親バカかもしれませんが)

 

しかも、やってる問題を見ればちゃんと解けてます。今までは、テレビどころかキッチンにいる母の鼻歌にさえ「うるさくて集中できないよう!」って言ってたような子供がですよ!?

(多分まぁ、勉強したくないから気になるっていうのもあるんでしょうけどね…)

宿題をこなす時間がだんだん短くなってきた

毎日宿題は出るんですが、これをこなす時間がどんどん短くなってきました。今までは、宿題を開いたものの他に集中を取られてダラダラ1時間以上やっていたのがですが…。

「やる!」と決めて、ノートを開くと30分以内に終わるように…(感涙)

テレビもゲームも大好きな子供なので、土日は特にテレビを見ながらやることが多いのですが、それでも、寝る時間までには宿題も翌日の準備も寝る準備も全て終わっているようになりました。

正直、今までの我が子とは思えない変化です。

(なんか化け物でも取り憑いたんじゃないかと疑うくらい変わった。)

朝ごはんをしっかり食べるようになってきた

我が家は毎日朝ごはんを食べます。(ちゃんと作ってますよ…似たようなメニューは多いですが)なんですが、百ます計算をやるようになるまでは、

「なんだか食欲わかないし」

「どうしても食べなきゃだめなのぉ?(特に野菜)」

と言っていた子が、ガツガツ食べるようになりました。しかも、30分以内に。

 

大変お恥ずかしい話なのですが、我が家の子供は「いただきます」から「ごちそうさま」までの時間が非常に長い子だったんです。というのも、ご飯を食べながら本を読んだりテレビを見たり、あっちを向いてこっちを向いて、母にも話しかけつつ…と集中力のないことと言ったら…!今まで、何千回「ご飯を食べるのに集中しなさい」と注意したかわかりません(涙)

 

という子供だったのに…。ほぼ言わなくなりました「ご飯を食べるのに集中しなさい」って。言わなくても食べるんです。もちろん、食事時なので家族で楽しくおしゃべりもするんですが、「いただきます」から「ごちそうさまでした」までの時間が大幅に短縮されました。今でも毎食時にいうのは「野菜は食べなきゃダメ」くらいです。

感動しすぎて、朝から感動ツイート流しました。

翌日の準備などテキパキこなすようになってきた

ちょっと繰り返しになりますが、翌日の準備を入念にするようになりました。

つまり、

 

・時間割表で持ち物チェック

・図工や学校行事前は、翌日の授業で使いそうなものがないか教科書などでチェック

・宿題などチェック

 

をするようになったのです。

図工や学校行事前のチェックは子供の担任が情けない担任なのでチェックするようになりました。こう言ってはなんなのですが、子供の担任はプリントに誤字脱字連絡漏れがかなりあるんですよね。担任が変わってから10回以上は学級連絡網が回ってきているのですが、9割が担任の連絡漏れを補うための連絡網でした。子供もそれをわかって注意深くなったようです…。

お釣りの計算をしてくれるようになった

これは、かなり意外な変化でした。一緒に買い物に行ったときに

「おかーさんは今、1000円を出したから、お釣りは4枚だね。」

と言ったんです。

「う゛ぇっ!?」

と変な声を出してしまったんですが…。どうやら、私が出した1000円から買い物の合計金額を引いて、どの金種が何枚くるか計算してくれたらしいのです。(確かに4枚でした)

今まではこんなこと一切なかったので、お母さんびっくり。

9月の平均タイムなど

グラフで見るタイムの推移

f:id:koshibu:20161002153348p:plain

青が足し算、赤が引き算です。土日月火は比較的タイムが早く、水木金とタイムが遅くなってます。週末は疲れが出てるみたい…?

平均タイムはこれくらい

f:id:koshibu:20161002153527p:plain

 

足し算の平均タイムが3.77。

引き算の平均タイムが4.65。

でした。

親のいい変化

親は丸付けのタイムトライアルをしてみた

親にもいい変化が生じました。なんでかっていうと、百ます計算の丸付けをタイムを計りながらやってるからです…。

せっかく百ます計算をするなら、親も一緒になってやりたいなーと思っていたんですが親専用の問題を作るのが面倒だったんですよね…。なので、子がやり終わった百ます計算の丸付けを親がタイムトライアルで計算しながらやることにしました。

集中力がついてきた

原稿一本仕上げるまでの時間が短縮されてきました。手をつけるまでに時間がかかることもあるんですけど、付け始めてからブーストがかかると2時間くらい持つようになりました。(今までどんな状態で原稿書いてたんだろう)

 

他の勉強についてもそう。小説でもないのに、参考書を開いてフッと集中すると音も聞こえないくらいに集中できるようになりました。しかも、読む速度が確実にアップしています。これって本当にすごい…!!(もっと早く知りたかった…。)

読んだ本の内容をより詳細に覚えるようになった

もともと、記憶は画像で記憶する方です。今でも、元の職場の電話のディスプレイに頻繁に表示されていた番号は、ディスプレイの映像ごと覚えています。

 

参考書も、どちらかというと画像で覚える方で、思い出すときは頭の中でページをめくる方だったんですが…。 

音声がつくようになりました。本を読むときは、心の中で声がして読んでくれるんですが、その声が画像を思い出すのと一緒に再生されるようになりました。

と言っても、全文を再生してくれるわけではなくて…。

要所要所をまばらに

「ここにはこんなことがかいてあった」

「この赤枠の囲みには、こんな数値のグラフがあって、平成何年度が法律改正された年」

と言った感じです。おかげで、参考書を読んだ翌日に「昨日はどんな話を勉強したっけ?」と思い出しやすくなりました。変な話ですが、参考書を開かなくても「昨日はこの辺りを読んで、こんな話だった」というのが思い出せます。

子供の勉強に口出ししなくなった

子供が自主的に勉強してくれるようになったので、「宿題やったの?」「こどもチャレンジは出した?」などの勉強がらみの口出しが極端に減少しました。

その代わりに増えたセリフといえば

「もう宿題終わったの!?じゃあ残りの時間はゲームでもしたら?」

「本を読み聞かせてほしいの?じゃあ本を選んできて。」

「今日は学校でそんなことがあったのー?楽しかったねぇ。」

など。

明るい家庭になりつつあります。

<まとめ>たった1ヶ月でこんなにいいことあるよ!

百ます計算おすすめだよ!!

そんなわけで…。声を大にして言いますが…。

みんな、百ます計算やろうぜ!!

たった5分を毎日で、

人生変わる可能性大だよ!!

陰山信者と言われてもいい。

陰山信者っていう陰口もありますが、言われてもいいです。些細なことです。

少なくともこじっぺは、陰山先生信じてやってみてよかったと心底思ってますよ!!

というわけで…。

陰山メソッドの本

 陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

 

 Kindleでも買えるけど、紙で買って夫婦で読みまくった方がいいので「紙」推奨です。いいですか「紙」ですよ。色付きマーカーでライン引いて、付箋立てるんですよ。

 徹底反復「百ます計算」

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

 

 「陰山メソッド」を使うのがいいと思います。100ます計算でググると無料ダウンロードのサイトがかなり出てきますが、どうも…ね。

 陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」小学校1~6年 (コミュニケーションMOOK)

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」小学校1~6年 (コミュニケーションMOOK)

 

 漢字に手をつける時はこちらにお世話になる予定です。漢字はさすがにお手本がないとしんどい…。

 

合わせてこちらもどうぞ

これまでの百ます計算の様子

www.kojippe-club.com

放置子カテゴリーが人気ですw

www.kojippe-club.com