ありきたりだけど、アウトプット能力を高める手段として、ブログを書く。

スポンサーリンク

こんばんわ。こじっぺです。

今日は、今週のお題「私がブログを書く理由」について、あれこれと。。

実は、ブログという存在を知って書き始めたのは10年くらいまえからなのですが、様々な無料ブログを行き来して、さぼりさぼり書いているので、昔の記事も残っていなければ、アクセスが多いわけでもないという…。

真面目に10年やってたら、そこそこいってたんじゃないだろうか、そんなことないか…。

と、たまに虚しい気持ちを抱えたりします(苦笑)

 

そもそものきっかけは、育児日記を身内に見せるため。

10年まえにはじめたきっかけは、自分の両親に育児の様子を知らせるためでした。

孫可愛さに毎日毎日、ストーカーもごとくメールも電話も嵐のようにかかってくる両親でしたので、

「ブログを作ったよ。育児のことはこっちに毎日書くようにするから電話やメールは用事のあるときだけにして」

という懇願とともに始めたブログだったのです。当時開設したブログはFC2だったかなぁ…。

と同時に、友達に誘われたGREEにもアカウント作成。こっちの日記は、主に育児関連の愚痴と趣味にあてがわれたのでした。

 

今、改めてブログを書くのはアウトプット能力を高めたいから。

夫に見放されてからは、実家暮らしになったので、育児ブログの更新もほぼしなくなりました。趣味のGREEもほどほどに続いていたのですが、妙な粘着アカウントさんに食いつかれたのをきっかけに退会。あの粘着アカウントの一件で、ネットコミュニティの恐ろしさを垣間見た気がします。(素人童貞のおっさんキモい)
毎日4本は更新していたブログがだんだん週に一度の更新になり、月に一度になり、ついにFC2も退会。過去ログも吸い出せたのですが、離婚も考えていた時期だったので、幸せだった頃の過去記事を読むのも辛く、吸い出しはせずにそのまま退会。

また、本格的にブログをやろうと思ったのは、1年くらいまえからです。

それでも「やろう」と決めたものの、毎日更新なんて夢のまた夢。

「今日から毎日更新します」という記事を書いては、それきり一ヶ月くらい更新しないような日々が続きました。

でも、退会せずにやっているのは目的ができたからです。

 

『アウトプット能力を高めたい』

 

うまい具合に話ができない。コミュ障のような話し方になってる自分発見。

仕事をするようになって、電話応対をするようになって、ビジネス文書とはいえ文書を作るようになって、うすうす感じていたんですが…

『うまい具合に話ができない』

筋道たてて話をすることができなくなっているというか、生の感情をうまく言葉に乗せることができないという状態になっていたんです。

仕事の時はまぁ、ほどほどにごまかせてはいたんですが、職場を飛び出して、恋人やその家族とコミュニケーションを頻繁にとるようになってから、困りました。

というのも

『自分の言いたいことが伝わっていない』

そういう状況がまま出てきたんです。

 

ビジネス文書は定型文があったから。

ビジネス文書は定型文がありました。だから、その枠にそのまま言いたいことをのせればよかった。しかも、下っ端だったので「言いたいこと」は誰かが考えてくれます。なので、定型文にあった表現を使って、言いたいことをそのまま書き込んでしまえばそれでよかった。

でも、生身の人間と話すのには、定型文もフォーマットもないわけです。言いたいことも自分が伝えたい何かであって、他の誰かが練りに練った伝えたいことではない。

言いたいことはあるけれど、ヴィヴィットな形にならないし、話す順序もどうも効果的な順序にまとまらない。

結果、聞いてる相手に聞き返されちゃう。という情けない状態だったのです。

 

まぁ、職場を飛び出したばかりで精神グダグダだったというのもありますが…。

 

それで、積極的なアウトプットの手段としてのブログ。

最初は、「これはいかん。語彙がコロケーションがあかん。インプットをせねば」と、小説を乱読したりコラムを読んだりと鬼のようにインプットに精を出したのですが…。

 

インプットとアウトプットは別物だよ?

 

という、コラムに出くわしまして…。

アウトプットを鍛えたいのなら、ひたすらにアウトプットをするより他なく、ただ日々の鍛錬あるのみ。

というわけで、アウトプットをすることにしたのです。

アウトプットをすることにしたといっても、コミュニケーションをとれる相手がほぼいない(彼氏は仕事してるし、まだ同棲してないし、普段話をするのは、親か子供)

ので、アウトプットならなんでもいいなら…。

と、ぽつぽつ始めたのがブログでした。

始めたというより、休眠アカウントだったのを動かしたというのが正確ですが(笑)

 

今も、さぼりながら書いているので、なかなか更新記録はのびないけれど、初期の頃の内容に比べたらずいぶんマシになっていってるんじゃないかと思っています。

理路整然にはまだまだ遠いけれど。

 

拙いとはいえ、自分の伝えたいことを唸りながら考えて、まとめて、文章にして読み直して、ネットに公開して読んでもらうというサイクルは、やっていて頭が気持ちいいのです。

家族に言わせると「眉間にシワがよってる」らしいのですが…。

 

これからも、納得のいくアウトプットができるようになるまで、ブログはぼちぼち続けていく予定です。