鬼トレを起きざめにやってたら朝活の習慣づけに成功したよ。

スポンサーリンク

こんにちは。

こじっぺです。

川島先生の脳トレが発売されて以来ずっと、毎朝脳トレをやるのが習慣です。

途中サボったりもしましたが…。

今は東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニングをやってます。

 

f:id:koshibu:20160714072417j:plain

 

朝から卑猥ですw

鬼朗読というトレーニングがあるんです。

どんなトレーニングかというと、

短文を音読して、短文の中のキーワードを覚えておく。

一通り音読が終わった後に、覚えておいたキーワードを書き出す。

というトレーニングです。

 

今朝のキーワードの一つが「らんらん」だったんですね。

「らんらん」って書いてるんですけどね。

なぜに「ら」を「ち」と認識したのか。(らんらんって読めますよね?ね?)

他のキーワードがすっぱ抜けましたヨ。(おかげでランクが下がった)

 

脳トレやってて便利なこと

朝活の習慣づけに便利

そこ「脳トレやってて学力が上がりました」「TOEICの成績が上がりました」とかじゃないあたり、うちのブログらしいと言いますか(苦笑)

でも実際、わかんないですもん。頭が良くなったかどうかなんて。

ただまぁ、やらないよりは、やっていた方がいいのかな?程度です。

 

朝活の習慣づけには、とても役に立ちましたよ。

こじっぺのやり方はこう

  • 寝る前に枕元にDS置いておく(鬼トレセット)
  • 目覚ましを起きたい時間にセット
  • 目覚ましが鳴ったら、布団の中でいいから鬼トレをする

たったこれだけなんですが、強制的に目が覚めます(笑)

目から入ってくるDSの画面照明の刺激と、脳トレで頭を動かすので、終わった頃にはかなりスッキリ布団から脱出できるんです。

脳トレが終わったら、すかさずカーテンを開けて太陽光を取り込めば、まず二度寝しませんよ。

 

鬼トレの記録を伸ばすには意識が大事

漫然とやってても記録は伸びない

朝活の習慣がついたら、今度は鬼トレ自体の記録を伸ばしたくなる。

何しろ、始めたばかりは眠たくてうにうにになってる状態でやるので、それはそれはひどい記録になるわけです。

始めたばかりの頃とか、ガンガンランクが下がって、鬼朗読とか2つキーワード覚えるのがやっととかそういう状態になるわけです。

で、その記録をあげようと思うと、今度は「記録をあげるぞ」という意識がないと上がらない…。

ただ漫然とやっていても記録って上がらないんですよね。不思議なことに。

「今月はこのランクまで行きたい」

「昨日はこうだったから今日はもっと」

「今週末にはこういう状態になっていたい」

こういうの大事です。

ほらほら、筋トレだって、漫然とやるよりも使う筋肉を意識した方が効果があるっていうじゃないですか、それと一緒なんですよね。

 

記録を伸ばす意識で起きると毎日充実するヨ

戦闘態勢で起きれるというか…。

戦闘態勢で起きれるという言い方は、あんまり幸せな雰囲気でませんが(笑)

でも、朝起きるそのときに目標を設定して起きるという習慣は、充実した毎日を過ごすのにとても役に立ってます。

「今日はどんな1日にしてやろう」

「今日はこんな1日になるようにしよう」

「今日も幸せな1日を過ごすぞ」

という感じ。

まぁ、生活するということは他者とも関わりにならなきゃいけないことなので、本人の意思に関わらずどうしようもないこともありますが…。

 

今日いちにち、自分がどうありたいか

今日いちにち、自分がどうありたいかというのを、朝の最初の時間に考える習慣っていうのは、副産物だったとはいえついてよかったなと思ってます。

 

鬼トレのおかげか、朝は脳が活発に動いているからなのかは知らないですが

朝一番に立てた1日の目標って、終日覚えてますしね。

 

朝活からの充実した生活週間づけに鬼トレを

ちょっと大げさかもしれないですけど、脳トレなんてだなんて小馬鹿にしないでやってみると、意外にいいことありますヨ。

夏休みにだらっとしがちな、お子様と毎日脳トレ対戦とかもいかがですか?(笑)

 

 パッケージ版とダウンロード版がありますよー。