それって結局何がしたいんだろう…?自分の発言の行く末を考えるということ。

スポンサーリンク

こんにちは。こじっぺです。

ライターをするようになってから、

「最終的にどうやってコンバージョンさせるのか」

ということを考えて文章を書く習慣をつけるように努力してきました。

 

ライターとして文章を書いている時、それも、アフィリエイトサイトさんの記事を書いている時にだけ考えていたんです。

だって、この「最終的に自分の発言がどうなるか」って、考えれば考えるほどに「頭を使って疲れる」んですもの。自由気ままに発言して、発言したらそれっきり。どんなにひどいことを言おうと書こうと、それを読んだ誰かが深く傷つこうとも知らん顔。その方が断然楽ちん。

 

だったんですが…。

最近、「これから言おうとしている発言って、何を目的にいうんだろう?」

と、考え込む時間が増えました。

 

いいことなんですが、口数は減ってます。

 

このブログの記事も、改めて読み返して

「この記事って、愚痴っぽい同僚のことを散々に書いてるけど、結局これを書いて私は何をしたかったんだろう?」

と思ってみたり、ブログを書くときに

「こういう記事を書きたい。書きたいけど、書いた結果に私は何を求めてるんだろう?」

と、考え込んでしまったり…。

 

感情に任せて書いたはいいけれど、結局、後で読み返して消してしまうこともしばしばになりました。

 

だって、何がしたいのかが一向に見えてこないし、唯ひたすらにネガティブなだけだったりするんです。

そういう記事を無性に書きたいときは決まって、理不尽な思いをした時か、理不尽なことを思い出した時。

「私はこんなに理不尽な思いをしたんです!かわいそうでしょう!」

って叫びたい時。

 

悲しみや辛さをわかってほしいんですね。

 

でも、それって見る方にしてみればどうなんだろうな?って思うようになりました。

私自身が、リアルの世界で愚痴られ続けて

「ああいやだ、こんな愚痴っぽい人とは一緒にいたくない」

って思った記憶があるから。

 

ネットだったら、散々に愚痴っていいか。ネガティブを垂れ流していいか。っていうと、読む人のことを考えると良くない。

 

リアルで友人がいない分、ネットの皆さんにはかなり励まされているし、大事にしたいと思っているから、ネットの発言も注意しなくちゃいけないなと思ったんです。

 

商品にコンバージョンするとかしないとかとは、ちょっと違うかもしれないけれど、

この記事を読んで欲しいのは誰なのか

この記事を読んだその人にどんなことを思って欲しいのか

この記事を読んだ人にどんな思いを届けたいのか

って言うのを、考えて行動しようと。

 

まだちょっと、自分の思ったことを感情に任せて書き殴ってしまうことも多いけれど、

これからはしっかり、「自分の発言の行く末を考えて」発言したいなと考えたのでした。

 

だって、今までの記事によくあったような愚痴っぽいひたすら人の悪口を言うような記事は、私が読む人だったら嫌だもの。