一周回ってやってきた部下。あなたがやってるソレは部下が一通り経験済みのことです。

スポンサーリンク

こんにちは、こじっぺです。

かつての残念な上司のことをなんとなく思い出してしまったので、思ったことをツラツラと。

 

あなたがやってるソレ。私たちが若い頃にやって懲りたアレ。

「あー。まだソレをかっこいいと思ってるんだ。」という無念さ

元ホテルマンの独身彼氏なし、三十路半ばすぎの元ホテルマンの女上司だったんですが、彼女の言動の根幹には

「あなたたちにはできないでしょうけど。私ってばこんなにかっこいいのよ。仕事もできるし。」

という意識がごっそり見えててかなり不快だったんですよね。

で、その彼女が『私ってかっこいい』と思ってやっている(ようにしか見えなかった)ことはこれら。

  1. 仕事は一人で全部やる
  2. Facebookで「徹夜」「休日出勤」「体調不良」アピール
  3. 飲み会に行っても「飲まず・歌わず・騒がず」一人隅っこorカウンター
  4. 参加が強制じゃない飲み会に参加して「仕事」を理由に途中退席
  5. デスクの上は常に汚く、ゴミ箱は溢れ。埃の中に椅子がある
  6. どんなことがあってもパンツスーツ&ヒール
  7. 会長・社長・専務など役付の人との交友関係をとにかくアピール
  8. 部下のことはとにかく貶す
  9. イライラするととりあえず部下に説教(二人きりにしてモラハラ)
  10. 夕方頃に出社して、夜中まで仕事

一世代前のおっさんたちがやってきたアレを、女版でやってる感じですな。

解説が必要な部分があるので、ちょっと解説すると…。

マネジメント能力と自己管理能力がないだけでしょ…。

仕事は全部一人でやる

一人でやれる仕事なら、一人でやってくれて全然大丈夫なんですけども。そうじゃないんですよね。だからこそ、部下がついているわけなんですが…。

使おうとしない(笑)

全ての打ち合わせに自分一人で出て、全ての電話・メール・FAXに自分一人で対応して、来客も自分一人で対応して、報告書も、関係各所に回す文書も自分一人で作って配布して、企画の当日は会場にも出て、ボランティアなどその他の調整も自分一人でやって、協力してくれている一人一人に挨拶に行って。

とにかく、他人の力は借りたくない。

モノもヒトもカネも情報も自分一人で独占したい。

部下であっても介入は許さない。

でも、辛い辛いってアピールはする(笑)

Facebookで辛いアピールは熱心にする。

わざわざ投稿する時間を朝方にしてみたり、徹夜だなんだと投稿してみるわけです。

で、コメント欄で心配されると…。

「だって、部下にこんな仕事させるわけにいかないじゃん!」

いやいやちょっと待て。こんな仕事をするための部下だし、そもそもそんな誰にでもできるような仕事をする前に、マネジメントする人間がすべき仕事があるだろう??

投稿を見た彼女の知人から、部下ががっつり責められるわけですよ。

「なんでやらないの!?部下でしょう!?もういいわ!!私が手伝うから!!」

状態。

 

で、知人が「手伝うよ」っていう分には「ありがとう」とやってもらう彼女。

あのさ。それ、部下の立場がないんだよね。こういう事態になるからそことここは任せてください。って言った時にお前なんて言ったよ?

「私の仕事を取らないでよ!!!!」

そう怒鳴ったの誰さ?

飲み会でスツールに腰掛ける私かっこいい

打ち上げの飲み会って、社交辞令でしょ。とにかく、騒いであげるのが礼儀。(うちの地域の場合)バカになった方が重宝されるし、みんなでとにかく騒いであげる。そういう場所。なのに

一人でスツールに腰掛けて、ソフトドリンク飲んでる(笑)

頼む、盛り下がるからやめてくれ。

打ち上げの会場に好き好んできてるやつなんて誰一人いないのに。スツールに一人でソフトドリンクが通用するなら、そもそも打ち上げやらないでくれ。時間と金と労力の無駄なんだよね。

冷めた視線をみんなに向けて

「楽しそうね…(バカみたい)」

って、バカはお前だ。

中二病みたいなものだよねーと中途採用組は言う

全部じゃないけど、私も若い頃ああ言う時あったわ〜

そうなんですよね。中途採用組で、結婚も離婚も子育ても経験しちゃった組は、中途採用なだけに彼女の部下なんですが、仕事しかしてこなかった彼女より人生経験は豊富。

結婚で仕事を辞めちゃったとか色々あったりもしたけれど、前職で中途採用で採用された組は、全員が元管理職で部下を持った経験がある世代。

全員で一言

「いたいたしくて見てられない…。」

「あの頃の私ってああ言う風に見えてたのね。」

「いやぁ、昔に戻ってひっぱたいてやりたい。」

「黒歴史だわ黒歴史。」

「どうしてあれがかっこいいと思いこめたんだろう」

「忠告したところで無駄なのよね…(自分に酔ってるから)

バカにしてるつもりがバカにされてますよ

部下のことを心底バカにしていた彼女ですが、実際は、部下全員から

「あ〜あ。」

と思われていたのでした。表面では、上司として見てあげてましたが、「あれをこのままやってたら、ああ言う結末になるんだけどな〜」と思いつつ眺めることもしょっちゅう。

「いつまでもガキよね〜。」

「結婚もしてなけりゃ、子供もいないし、仕事もああ言う仕方でしょ?希薄な人生送ってるのよ。」

「定年退職したら、仕事関係の付き合いがなくなって孤立する中高年そのものの人生よね」

「なんか名言的なことを話してたけど、今月のプレジデント誌に出てた台詞そのままだった」

「本人はいいこと言ったと思ってるんでしょうけど、実際の中身が伴わないから言ってることが希薄なのよね」

「昔の自分を見てるみたいで虚しいけど。」

部下の方は、昔自分でやってたことをやられてるだけなので、痛い人という認識しか持ってないんですよね…。

言っても無駄なこともよっくわかっているので、とりあえずスルー。

部下はバカなんじゃなくてバカを訂正しないだけ

訂正したって時間の無駄なのわかってるから

「勝手にバカにしてれば?」

「そのうち自分がどれだけ愚かだったかみにしみるでしょ」

部下がバカで仕事ができないと思うのは勝手ですが、実際、心底軽蔑されているのは上司の方でした。

だって、部下が経験してきた失敗を繰り返してるだけなんですもの。

人の人生を「無駄な人生」と決めつけるのは勝手ですが、生きてきた年数だけそれぞれに人生経験があるんです。

もっと他人を尊重しましょう。

 

あなたがやってるソレは、部下が一通り経験済みのことかもしれないんですよ?