ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

手伝いにきてほしいって言ってもらえるありがたさ。

「ヘルプで来てくれないだろうか?」 と、声をかけてくれたのは、前の職場でとってもお世話になった事業所さんでした。 3ヶ月くらい前に、その事業所さんの求人がでていたのは知っていたんです。条件も悪くないし、以前の職場の経験もいかせるけれど、 「再就職にあたって、前の職場でお世話になったところにはいかない。気を使わせてしまうから。」 と、思っていたのでどスルーしていたのですが_。 どうも、求人を出した時期が悪かったのか事業所さんへ応募がなかったらしいのです。 欠員補充だったその求人、当然3ヶ月もたっていれば欠員になる予定の人は退職しているし、今いるメンバーではしんどい。 お休みもろくにまわっていないようで、切羽詰まっているとのこと。 「再度求人をあげる予定だから、新しい人が決まるまでの何ヶ月間だけでも。来てくれないだろうか?」 というお話でした。 在職中はお世話になりっぱなしだったので、二つ返事でOKし、書類等々を提出してきたのですが…。思ったことが一つ。 人の繋がりってありがたいなぁ…。 と。(ありがちですけども) ろくに退職の挨拶もできずに前の職場を去ったのですが、覚えてくれていたことも嬉しかったし、何より、ろくに退職の挨拶もしないで職場を去るような輩に声をかけてくれたのがありがたかった。 (退職の挨拶もできずに去らざるを得なかったのには、それなりに事情もあったのですが…) いいんですか?本当に私に声をかけてしまって? そんな心境です。 前の業界には戻る気はなかったのですが、これは恩返しだと思って何ヶ月間か奉公してきます。 (身分はアルバイトですw)