【アボカド栽培in北海道】北海道のアボカド栽培。冬になったら注意すること。【80cm】

スポンサーリンク

こんにちは。こじっぺです。

すっかりご無沙汰してましたが、アボカドちゃんは元気です。

 

 

f:id:koshibu:20161117192819j:plain

 

5ヶ月経過で80cmくらい

すくすくと成長しています

順調に成長しています。これまで特に栄養剤も入れていないので、このままのんびりお水をやるだけで春まで行く予定です。

 

一番大きい葉っぱ

f:id:koshibu:20161117193237j:plain

完全にこじっぺの手よりも大きいです。

水やりの時は、台所であげているんですけど、そろそろ台所じゃ窮屈になってきました。

 

冬になると乾燥に注意

部屋の気温がマイナスになることはないので…

アボカドは南の植物なので、寒さによわいと思いきや、マイナス5度くらいまでは大丈夫らしいです。

北海道といっても、部屋の気温がマイナスになることはないので…。

寒さに関しては大丈夫。

念のため寝る前に、部屋の真ん中に置いておくくらいの対策しかしてないです。

乾燥の方が要注意かも

アボカドの水やりは、アボカドの土が乾燥してカッサカサになったら、たっぷりあげるのがやり方。

なんですが…。

冬になると、ストーブをつけるので、カッサカサになるスピードが夏より早くなります。

ストーブつけると部屋が乾燥するんですよね。

夏場は、週に一回か10日に一回くらいの水やりだったんですが、冬になってから週に2回になりました。

気がついたら、カッサカサになってるので要注意です。

アボカドは素直ないい子です

水不足になると萎れます

しょっちゅう土を気にしていなくても、アボカドは素直でわかりやすい性格をしてるので、葉っぱの様子でわかります。

水不足になると、葉っぱが下に垂れてグダッとします。

萎れてるのに気づいてからお水をあげても復活するので、大丈夫。

葉っぱの角度にだけ要注意です。

 

生まれ変わったら、アボカドみたいに素直な子になりたい。

今までの記事はこちらから

www.kojippe-club.com

 

リボベジの本はこちら

 色々な種類が出てますな。

100円グッズで水耕菜園―土がいらない、野菜47種類の育て方

100円グッズで水耕菜園―土がいらない、野菜47種類の育て方

 
今日から育てるキッチン菜園読本

今日から育てるキッチン菜園読本

 
楽しく作る! おいしく食べる! はじめてのリボベジ&収穫野菜

楽しく作る! おいしく食べる! はじめてのリボベジ&収穫野菜