【アボカド栽培in北海道】北海道のアボカド栽培。50cm。大人の手のひら大の葉っぱ。鉢替え。【87日目】

スポンサーリンク

こんにちは。アボカドちゃんが可愛いくてしかたないこじっぺです。

 

f:id:koshibu:20160908173457j:plain

(愛でるばっかりでブログに書き忘れていたのは内緒です)

 

6月13日に種を植えてから87日ほど経過しました。

8月13日(2ヶ月目)に鉢を植え替えました。

芽が出てからというもの冗談抜きで毎日1cmずつ伸びていたアボカドが、急にしおらしくなってしまったのが8月の半ば頃でした。「おかしいぞ…?」と気付いたのは同居中の母。母は他にも観葉植物を育てているので、心当たりがあったようです。

「もしかして、鉢に目一杯、根が詰まってるんじゃないの?」

という一言のもとに、鉢を皿から上に上げてみると…。

根がボーボーに飛び出しているじゃありませんか!!

というわけで、一回り大きい鉢に替えました。鉢を変えるにあたって参考にしたサイトさんはこちらです。

tropikalfruit.net

受粉のさせ方まで出ているので、長らくお世話になる予定です(とっても助かってます)

87日目のアボカドの様子

背丈は50cmくらいです。

背丈を測りつつ、写真にも収められる固めのメジャーがないこじっぺの家です…。ゴメンなさい…。でもまぁ、だいたい50cmくらいになりました。

葉っぱは大人の手のひらくらい

葉っぱの長辺は大人の手のひらくらい。一番大きい葉っぱで「長辺が19cm、横幅の一番太いところが7cm」です。

小さいのも含めて13枚あります。

茎の太さは一番太いところで7mmくらい

茎の太さは一番太いところで直径7mmくらいです。ただの緑色の茎だったのが、まだらに茶色が出てきて木っぽくなってきました。(病気ではないと思う…)

 

アボカドの基本性格がわかってきた

かなり素直ですww

アボカドの様子を観察していると、アボカドがかなり素直な植物であることがとってもよくわかります。葉っぱをかじったらこじっぺもこれくらい素直になれたりしないかしら…。

日当たりの良い方に茎ごと向きます

どの植物もそうですけど、日当たりの良い方に茎ごと向きます。たまに鉢の向きを変えてあげないと、斜めになります。

それも…ものすごい勢いで斜めになります(日当たりの良い日に1日置いておいたらそっち側向いてたりします。)

水が足りなくなるとやさぐれます

水が足りなくなると、露骨に萎れます。

こんな感じです。

f:id:koshibu:20160908175546j:plain

グダッとなります。慌てて水をやると復活します。

夜になると寝ます。

日没とともに葉っぱがしおれますw最初は「どうしたんだろう…?」と思って一家全員で心配したんですが…。どうやら日没になるとそうなるものみたいです…。

寒くてもしおれます。

ここ3日ほど北海道はちょっと秋風吹いて寒かったんですが、寒いとやっぱりしおれます。「水もやったし、日中なのにおかしいな」と思ったら寒かったみたいです。窓閉めたら元気になりました(笑)

アボカド栽培楽しいよ!!

9月ならまだ雪が降る前に間に合うよ!

そんなわけで、アボカドの栽培楽しいので一緒にやりましょう!!北海道でも9月の今なら芽がでるまでに1ヶ月かかったとしても、雪が降るまでに間に合いますよ!!

奥さん!!!冬休みの観察日記に間に合っちゃうよ!!

アボカド以外の栽培にも興味のある人は…。

皮から、茎から、根から、捨てずに再生栽培! 食べて、育てる しあわせ野菜レシピ

皮から、茎から、根から、捨てずに再生栽培! 食べて、育てる しあわせ野菜レシピ

 

 

こちらのカテゴリーも合わせてどうぞ。

www.kojippe-club.com