ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

サンタさんからの手紙には封蝋(ふうろう)がいるでしょ。グルーガンで封蝋作り。

「おかーさん!!うちにはサンタさんはこないの?」

と、言われたのは3年前。

それまでは、クリスマスプレゼントといえば”欲しいプレゼントをお母さんとAmazonで買う”のが習慣だった娘。

当時は保育園に通っていたのですが、保育園のお友達からあれこれ聞いたようでして…。

お母さんからのプレゼントはそのままに、サンタさんからは

”サンタさんが任意で選んだプレゼント”

が届いていたのです。

が、

小学校に入って

”サンタさんというものは、お手紙を書けば好きなものをプレゼントしてくれる”

という情報を仕入れてきた娘。

今年はしっかり”サンタさんへの手紙”を書きました。

(”サンタさんが任意で選ぶプレゼント”を選ぶ作業はとっても楽しかったのですが)

 

で、

 

サンタさんからお手紙の返事がないと、ムードがもりあがらないよね〜。

というわけで、プレゼントと一緒についてくるサンタさんからの手紙を用意しました。

(文章は、新しい夫になる予定の人が考えてくれました)

これ↓

f:id:koshibu:20151224110949j:image

 

お手紙がはいっている封筒は、蝋で閉じられていないと雰囲気でないっしょ!!

というわけで、封蝋。

封蝋は高かったので、100円ショップで購入したグルーガンとボタンで封蝋のようなものを作成しましたヨ。↓

 
f:id:koshibu:20151224111227j:image
 
作り方は、キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。さんのこの記事をがっつり参考にしました。
 
ストックしてあるボタンでベタベタ作成しながら、思ったんだけど
ボタン本体がある程度平じゃないとむかないかも…。
模様が細かすぎるのも、はがす時のちょ〜っと苦労するし、模様が綺麗にでるように
まっすぐグルーの上に乗せるのにテクニックが必要…。
(かなり失敗した)
ボタンとしてはシンプルなものの方が、綺麗に模様がでて見栄えもよかったです。
 
 

 何年も続くようなら、本物のシーリングワックスも買ってみようかと思うのだけど…。

 

 
目指すのは、トールキン先生のこれw

お絵かきの練習もしようかなぁ…。 

サンタ・クロースからの手紙 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

サンタ・クロースからの手紙 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)