モテなかったのは、必死に他力本願だったから。

スポンサーリンク

  •  私は離婚して3年近く経ちます。

離婚した当初は、

「子供のために早く再婚しなくっちゃ」

「お父さんがいてお母さんがいてこそ、まともな家庭」

「そうでない家庭で育った子供は不幸」

と、信じていたので

それはそれは必死に男探しをしていたのです。

 

でも、彼氏なんてちっともできませんでした。

 

そりゃそうでしょう、20代の生娘だって『結婚するのが難しい時代』に

『バツイチ子持ちのアラサー』なんて誰が見向きもするもんですか。

 

でも、当時の私は必死でした。必死になる理由はただ一つ。

 

子供ため

 

子供にとってしてみれば甚だ迷惑だったでしょうが、当時の私は信じていたのです。

 

お父さんのいないマトモじゃない家庭で育った子供は不幸

 

だと。

 

お父さんさえいれば、私も子供も幸せになれる。

 

って信じてたんですね。

 

”運”や”他人の力”で手に入る”幸せ”なんて、ほんのちょっとなのに…。

 

端から見ればそれはそれは、狂気じみていたことでしょう。

自分と自分の子供の幸せを、どこの誰ともしらない人に丸投げしようとしているんですもの。昔ばなしのヤマンバだってびっくりです。

 

そりゃ、もてないさ。

(あたしが逆の立場だったら、全力疾走で逃げるわw)

 

 

幸せになるために必要な物は、”ちょっとの運”と”その運をつかむ自分の実力”

その”実力”を手に入れるためには、”日々の努力が必須”。

そう気付いたのはいいだけフられたその後で、気づけば離婚してから2年も経っていた頃でした。

 

その頃になると、仕事も定職があって収入も安定してました。収入が安定すると、心も落ち着きます。「再婚なんてしなくていっか。」心底そう思ったのもその頃から。

不思議なことに、再婚を諦めると、今までそっちに向いていた時間と労力が他に向きました。その時間と労力を自分の好きなこと、子供がうれしいことに使い始めてしばらくしたら、ひょんなことから恋人ができたのです。

 

自分の望みをかなえてくれる”誰か”を必死に探すより、自分で自分を幸せにする道を探った方がどうやら早道。

 

そんなことを実感したのでした。

 

 

私が自分磨きに使っている本はこちら。

手元におくのはちょっと恥ずかしいタイトル(と私は思ってる)なのですが、Kindle版だと書棚に置かなくていいから安心ですw

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復