音読って精神にいいんだね。と、しみじみ思ったのでお薦めしてみる記事。

スポンサーリンク

こんばんわ。こじっぺです。

GWは特に予定を入れていなかったんですけども、入れていなかったにもかかわらず、子供が急病でGWは仕事か家に引きこもるしかなくなるとそれはそれでイライラしてしまうのでなぜなんでしょう。

GW後半も(強制的に)家に引き篭もってますよっと。

 

基本、ダークサイドに片足突っ込んでるもんで。

あれなんですよ。あれ。

ほら、こじっぺは基本ネガティブなわけですよ。がんばってポジティブになろうとしてますけども、基本はネガティブなわけですよ。

 

「⭕️⭕️ちゃん”は”、優秀だからね〜」

 

”は”

そういうのがですね、欲望のままに引き篭もってるとですね。

ネガティブが増長されるんです。

 

気がつけば、嫌いな誰かを憎んでいる。

自分でも自分のここが嫌だなぁって思ってる性質の一つなんですが、気が付いたら嫌いな誰かのことを考えて自分で勝手に不愉快になってるんですよ。

歯ぎしりなんかしちゃったくらいにして。

「あのとき、こうだった…。あいつはこうやって罵った。」

「あのとき、あいつは私のことを護るべき立場だったのに無視した。」

とか。ちょっとエスカレートすると

「あのとき、ああしていれば、復讐できたかもしれない」

「あのとき、こう言っていれば、負けなかったかもしれない」

とか、だんだん物騒な方向にいくわけです。妄想が勝手に。

 

SNSで公開処刑したい衝動にかられる。

顔つきも雰囲気も険しくなって、だんだん優しいお母さんの雰囲気が失われていくわけです。のみならず…。

過去のあれこれ憎たらしいことを

相手の実名晒して、全世界に公開したくなる

衝動にかられるわけです。

パソコン起動してぽちぽち小一時間もうてば、2〜3本かけちゃいますからねぇ…。

 

要は、アウトプットがしたい。

やっちゃいけないことなわけです。というか、やったら最後、損をするのは自分自身なわけですよ。ほぼほぼアクセスのないこのブログを読むなんて、限られてるからロクに誰も読まないままに、ネゴサーチした本人に見つかるっていう最悪のパターンですよ。

で、そういう公開処刑したい欲求がなんで起こるか考えたんです。

要するに、自分の内なる欲求をアウトプットしたいんじゃないかってとこに気づいたんです。内容はなんでもいいから、外に向かって吐き出したいだけなんじゃないかと。

 

シャドーイングで会話した気分になれる幸せ者

うっかり、パソコンは立ち上げちゃっていたので、そのままiTunesを起動して

英語のCDかけながら該当ページを音読することにしたんです。駄目元で。

そしたら、思った以上に気持ちいいんですよ。

誰かと会話をしているわけじゃないんですけど、脳が勝手に誰かと話をしている風にとらえたのか、とってもいい気持ち。

1時間も続けるうちに、すっかり気分はポジティブな私。(おかえり、自分)

 

英語も覚えられるし、ネガティブは飛ぶし音読素敵。

そんなこんなで、GWはネガティブになるたびに英語のシャドーイングをしております。

おかげで…。

 

・CDの英語がゆっくりと聞こえるようになった

・こっそり始めた英語日記がだんだん長くなってきてる

・腹筋ついた

・子供も真似するようになった(がんばってバイリンガルになりたまい)

 

音読楽しいですよ。

やってるうちに楽しくなって中毒になるなんて話もどこかでききましたけど、本当です。脳にもいい刺激になるし、とってもおすすめでござる。

 

 

音読につかってるのは、いつもお馴染みのこれら・・。

 

毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

 

 

 

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする