正直、受かっても嬉しくないかもしれないところに履歴書出してみた。

スポンサーリンク

こんにちは。こじっぺです。

必死になってクラウドワークスにいるのはいいんですが、その分ブログがおろそかになっております(苦笑)
かけどもかけども、案件自体の単価が安いからそんなお金にならないのは切ないです。

まぁ、何もしていないよりはいいんでしょうけどね。

月で20万円とか稼ぐ人もいるようで、そういう風になれたらいいなとも夢想するのですが、道はまだ遠そうです。(その前に就職決まるといいんだけども)

 

履歴書持参しか受け付けない事業所さん

今日はちょっくら、履歴書の郵送不可の事業所さんに履歴書を持って行きました。

手書き指定の履歴書で、しかも郵送不可で持参しか認めないってどういう事業所だろうと思うのですが、条件はそこそこにいいので試しに応募してみました。

準公的な機関だったらしいところなんですけども、今時市役所だって郵送で履歴書受け付けてくれるのに…。

それで、持って行ってみたんです。

わざわざ、片道1時間近くかけて。

あんまりいい予感はしなかったんですけども…。

 

受付のおねいさん嫌な感じ

まぁまぁ、予想はしていたんですけどもね。受付のおねいさんは、例に漏れず嫌な感じのおねいさんでしたよ。

受付にいるんだから、もうちょっと愛想というものがあってもいいと思うんですが。

担当者さん不在ということだったので、とりあえず、応募書類は彼女に預けてきたんですけども、本当に担当者に渡っているのかどうかも疑問に感じちゃうくらいの愛想の悪るさ。

 

事業所の空気も淀んだ沼みたい

さらっと見える範囲だけ、事業所さんの中も見てみたんですが、なんていうんでしょうね。その〜。窓から見える空はなんていい天気なのに、事業所さんの中は薄暗いというか、淀んだ沼の空気が漂ってました。

淀んだ沼なんて見たことないんですけども。

多分、間違ってないです。

 

正直、受かってもあんまり行きたくないかも

とりあえず、書類選考があるというので面接まで進めるかどうかも確定してないんですけど、面接まで行ったとして、さらにそれが受かったとしても、ちょっと遠慮したい事業所さんでした。

無職なんだから贅沢は言っちゃいけないとは思うんですけどね。

 

とはいえ、せっかく受けるから頑張るけど

事業所の雰囲気って、そんなに変わるもんでもないし、いなかった担当者さんがよほどのムードメーカーでない限りは、あれが明るくなることもない気がするんです。

なので、頑張りはするけど、他のところにも履歴書出します。

 

だって、精神壊すのやだもん。