ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

「嫌だ。考えたくない。」と言ったら、ネガティブから抜け出せたよ。って話。

こんにちは。

「嫌だ。考えたくない。出て行ってくれ。」と自分に対して言ったこじっぺです。

 

f:id:koshibu:20160911193312j:plain

復讐劇が脳内再生されるの辛い。

些細なことでフラッシュバックする嫌な思い出

例えば、サイトに出ていた似たような事件。例えば、新聞に出ていた働いていたころにゆかりのある地名。そんな些細なことで、嫌な思い出がフラッシュバックしてしまいます。

いじめられてた思い出に、職場でパワハラ受けた時の思い出、生ゴミ扱いしてきた女上司に、お前の子供はイベントを楽しむ資格はないと言わんばかりの視線。

思い出したくないんですけど、勝手にフラッシュバックしてきて、とても嫌な気持ちになります。

あの時こうしていれば…。の無念

「いやだな。思い出したくないな。」と思う間も無く始まるのが、ムービー再生されている嫌な思い出をどこか別の空間から眺めている自分の映像。

「ほら、そこで言い返せばいいのに。」

「何をぐずぐずしてるのよ。」

「あ〜あ…。」

嫌な思い出の中で涙を流す自分を、別の空間から眺めている自分が徹底的にけなします。その様子を脳内動画で眺めて無念な気持ちでいっぱいになる私…。

今に見ていやがれと始まる脳内復讐劇

無念な気持ちがふつふつとしてきたら、時を同じくして「今にみていやがれ」という怨念が出てきます。ありえないことを次々と想像して復讐をしていく脳内動画の私。

例えば、ナイフで相手を切り刻んだり。例えば、銃で撃ち殺したり。好き勝手に脳内スプラッタが始まります。

脳内で復讐したって辛いだけ

でも、脳内動画でどんなに残酷に相手を惨殺しても、すっきりはしないんです。むしろ、脳内復讐劇が始まる前よりももっとネガティブで、どんよりとした気分になります。まるで、自分が脳内で切り刻まれたかのような気分になるんです。

鏡を見れば、醜く歪んだ顔に目だけがギラギラと光ってホラーな表情になっているし、そばにいる子供も心配するくらいに呼吸も速く浅くなってしまいます。

精神的にも肉体的にもそれが、とっても辛い。

Facebookで実名あげて罵りたい衝動

「あたし、こんな理不尽にあってます!」の表明

そんなときに必ず同時に起こるのが、「共通の繋がりのあるFacebookであいつらを徹底的に罵ってやりたい」という衝動。

「あたし、こんな理不尽にあってるんです!」「あたし、こんなひどい目にあってきたんです!」「皆さん聞いてください!あいつらはこんな非道なことをしてきたんです!」あたしが!あたしは!あたしに!あたしを!!!!

自分のことだけを、自分が理不尽と考えていることだけをただひたすらに表明したい。

そういう衝動にかられるんです。

表明して「かわいそうにね」って言われたい???

表明したところで、過去もの人も変えられない。表明したところで「かわいそうにかわいそうに」って言ってもらえるわけじゃない。そもそも「かわいそうに」って言って欲しくて表明したいわけじゃないし、「過去を変えたい」わけでもないし「人に変わってほしい」わけでもない。

でも表明したい衝動にかられる。それも、実名晒してやってるFacebookで。

なぜなんだろう?

「私を見て」「話を聞いて」という欲求

Twitterや2chじゃなくて、顔の見える関係に「わかって」ほしい

要するに、「リアルの人間関係の中で「あたしが」受けた理不尽をわかってほしい。」 そういう欲求みたいです。「みんなこんな風に悪し様に言ってるけど、どうしてそんな風に言われなきゃならないの!?」「あたしは被害者なのに!!」という感じ。

でも…。

叫んでも「狼少年」の上書きにしかならない

その「わかってほしい人達」ってそんなに重要な人じゃない

よく考えてみると、「わかってよ!!」と叫びたい衝動にかられるリアルな人達は

  • 細かい事情は知らない
  • こっちの事情なんて聞きにも来ない
  • 面と向かって文句も言えない
  • 陰でコソコソ悪口言いふらす
  • そもそも事実がどうとか関係ない
  • 自分たちが楽しければそれでいい

人達なわけです。これって中学・高校のときにあったいじめっこそのものなわけで…。

そんな人達に「わかって」もらえたとして「嬉しい」のか???嬉しくないよね。という結論に落ちるんですよね。

「バカがなんか言ってる(必死だなw)」が関の山

それに、叫べば叫ぶだけ「うるせぇ馬鹿」「あっちのタイムラインでアホがなんか言ってるわwww」と思われればまだいい方で、「あ?こじっぺのタイムライン??フォロ外してるから見てねーしwwww」というのが実際だったりするのです。

実際、タイムラインになにかあげても、「いいね」すらつかなくなりました。いっそ、「友達切ってくれればいいのに」と思うのですが、それはそれで体面があるんでしょう。(よくわかりませんが…)

心配してくれている人は見てくれてる

そういう人にも罵るような言葉で伝えるの?

未だに「いいね」をつけてくれている人は、私のことを中立的に見てくれている人かよく思ってくれている人です。だから、Facebookのタイムラインで「罵るような言葉で理不尽を訴える」ということは、その人たちを「罵る」のと同じこと。

「大切な人にそんな言葉を使うの?」

 と考え始まると、facebookに打ち込み始めた手が止まります。

「嫌だ。考えたくない。出て行ってくれ。」

手は止まっても脳内復讐劇は止まらない

手は止まっても、脳内復讐劇は止まりません。深呼吸しても、何かを殴っても、音読しても、雑紙に悪口を書き連ねても、全然ダメ。

一度消したFacebookの書き込みを、もう一度書いて、また消して…。電源を消したパソコンをもう一度立ち上げて、また落として…。電源ごと落としたルーターをもう一度つけて、消して。散歩に出かけても帰ってきたら、またフラッシュバックして…。

平日の3分の2をこんな無駄な時間で悶えることもしばしばあるんです。

他に優先したいことがあるのに脳と体が言うことを聞かない辛さ

サボってるように見えるかもしれませんが、かなりしんどいんです。これ。午前中いっぱいこの症状が出るとかなりの確率で「あ〜ダメだ。死にたい」ってなりますw

死にたくはないので、「う〜う〜」と唸って悶えて過ぎ去るのを待つんですが…。

つい先日、口から出たんです。

「嫌だ。考えたくない。出て行ってくれ。」

と。

素直に出て行った私の脳内復讐劇

びっくりするほどすっきりしました。いや本当に。もし、私と同じように苦しんでいる人がいたら是非試してほしい。ネガティブなったときの

「嫌だ。考えたくない。出て行ってくれ。」

セリフと一緒にネガティブが出ていったみたいな感じです。よくギャグ漫画で魂が抜ける表現がありますが、あんな感じのイメージです。

口にした瞬間からすっきり爽やか。どうしちゃったんでしょう…。

嫌なものは嫌っていうのはいい!

ネガティブの回線を打ち切る

なんか理由があるのかなー?と思ったし、どこかで似たような話を聞いた気もするんだけど出典をどうしても思い出せないんだけど…。

嫌なものを嫌っていうのは、自分に対しても有効みたい…。

ネガティブな自分に嫌気がさしたら、「そんなことは考えたくない」と自分に言ってみると意外に効果があるかも…!?

こじっぺはこれを知ってからかなり楽になりました。それでも、ネガティブに襲われて辛い気持ちになることはあるけれど、早期に解決できるようになったのはとっても嬉しいです。

ぜひ、試してみて。

 ぐったりした時にオススメの本 

 どうせなら、楽しく生きよう

どうせなら、楽しく生きよう

どうせなら、楽しく生きよう

 

 ぐったりした時に、励ましてくれる本。と言ったらコレです。男性はもしかしたらあんまり共感しないかもしれなけれど、女性にはかなり効きます。

涙を流しながらゆっくり読むのがオススメ。

平常心を鍛える

平常心を鍛える 自衛隊ストレスコントロール教官が明かす「試練を乗り切るための心の準備」 (講談社+α新書)

平常心を鍛える 自衛隊ストレスコントロール教官が明かす「試練を乗り切るための心の準備」 (講談社+α新書)

 

 回復し始めたら読んでください。生きやすくなるためのヒントがあるかもしれないです。