ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

ご飯を作るのは好きだけど、メニューを考えるのが面倒な妻なので。

こんにちはー(๑╹ω╹๑ )

こじっぺです!

 

昔から料理に苦手意識を持っていて、結婚するときも再婚するときも

「ご飯…美味しいって言ってもらえるかなぁ」

と不安で、レシピ本を枕に寝てたりしました( ;∀;)

 

最初の結婚では、「美味しい」って言ってもらえることなかったんですけど。

 

今は、「美味しい!」って言ってもらってます。

 

料理も場数なので、回数こなせばなんとかなるもんなんですねー( ´ ▽ ` )

最初の結婚のときに「美味しい」って言ってもらえなかった理由は、私の腕だけが理由じゃないと思うんですが…まぁ、その話は愚痴っぽくなるのでまた今度そのうち。

 

ただ、未だに苦手というか苦労してるのが、献立を考えること!

 

元々、「好きな食べ物は、飽きるまで食べる」派なので、毎日毎食違ったおかずを考えるのが不得意です。台所で、研ぎ終わったお米を見つめながら10分はフリーズできるくらいに。

 

あんまりにも辛くて苦しいので、家族に献立を考えるのを手伝ってもらうことにしました(๑╹ω╹๑ )ラクチン

f:id:koshibu:20170809201218j:plain

「お母さんこれ作って!!メモ」を導入

食べたい主菜をひたすら書くメモ(広告の裏紙)

手伝ってもらうと言っても、「今日は何が食べたい?」って聞くわけじゃないです。

世の中の食事を作る人なら、誰もが同意してくれると思うんだけど…

 

「今日は何が食べたい?」

って聞くと、

 

「なんでもいい」

もしくは

「にく」

 

しか返ってこないですよね?ね?

 

我が家も、もれなくそうなので…。

今のテーブル付近に広告の裏紙(束)を置いて、「今度はこれが食べたい!」と思いついたときに書き付けることにしたんです。

 

こうすることで

・YouTubeの途中で流れる動画広告

・TVで星澤先生が作ってたアレ

・新聞広告で見かけたそれ

・小学校の給食ででた何か

など

を、本人の自由意志でかけるようになるんですー。

 

料理動画のおかげ(?)でネタはつきない

これを導入したおかげで、ほとんどネタに困らなくなりました!

主菜が決まってしまえば、副菜はテキトーに作ればいいので簡単( ´ ▽ ` )

 

料理をすることに対する負担感が大幅に減ったので、料理する私も楽〜〜♫

家族は、食べたいものが食べれるのでハッピー♫

 

いいことづくしです( ^∀^)ウマウマ

 

ただし野菜メインの料理はこっちが考えなきゃあかん

野菜を食べさせたいときは自分の頭を使う…

このやり方の弱点は…。

「家族が苦手としてるけど、栄養バランス的に食べた方がいいもの」が決して、食べたいものリストに上がってこないこと( ;∀;)

 

我が家の皆様は、野菜嫌い同盟を組んでいるので(笑)

八宝菜とか野菜がメインの料理は、出てきません…。

 

なので、「副菜で調節はしてるけど、なんかちょっと偏ってるな?」と思ったら、自分で考えないとあかんとです…。

 

頻度としては、週に一回くらい…。

 

まとめ

思いついたときにストレスなくアイデアを出す工夫が大事〜

そんな訳で、

「献立考えるのめんどい!!」

「肉か魚かその他かってだけでも言って欲しい!」

という人に、とってもおすすめです。

「おかーさん!今度これ作って!」メモ!!

 

さすがに、「カレー(娘)」「シチュー(夫)」「ハヤシライス(娘)」と続いたときは、「毎週金曜日に順番に出す形でいいだろうか…?(母)」と、伺いを立てましたが(笑)

 

やってみってねー(๑╹ω╹๑ )

ではではー