ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

Kindle洋書おすすめ!8月はみんなでシャーロックホームズを読まないか?

英語でシャーロックホームズとかかっこいいじゃないか!!

 スポンサーリンク

 無料でコンプリートエディションが出てた。

シャーロックホームズ大安売りです(いいのかなぁ)

Sherlock Holmes: The Ultimate Collection (Illustrated) (English Edition)

Sherlock Holmes: The Ultimate Collection (Illustrated) (English Edition)

 

ハードカバーだと6000円近くするのがKindleだと0円ってこれ本当にいいのかしら…。

(もちろん早速購入した)

キンドルで買うと紙の辞書を引く手間が省けるのが便利ですよねー。

 

 

作品名の日英対応表はWikiが便利です。

いつも大変お世話になっております…。

コンプリートエディションが0円で手に入るなら、とりあえずそれを買っておいて、目次から好きな作品だけ読めばいいんじゃないかと思いマッス!!

でも、好きな作品の日英対応表がないと不便ですよね。というわけで、Wikipediaのリンクを貼っておきますね。(こじっぺはボヘミアの醜聞が好きです)

よっぽど引用しようかと思ったんですが、量が量だったのでリンクにします。

 

シャーロック・ホームズシリーズ - Wikipedia

 

こちらのリンクの中に、各作品の英語版タイトルと日本語版タイトルが書かれています。

 

オーディオブックならこのアプリが便利ですよ。

海外のボランティアの人が運営しているサイトのアプリです 

Audiobooks

Audiobooks

  • Cross Forward Consulting, LLC
  • ブック
  • 無料

 

LibriVox | free public domain audiobooksここが運営してるオーディオブックのアプリでこじっぺがいつもお世話になってます。ボランティアの人たちが録音している音声をアプリで聞くことができて、ほぼ無料できけます(一部有料の本もあります)

日本で言うところの青空文庫の読み聞かせアプリのような感じですかね。

聞きたい作品名か作者名、お気に入りのボランティアさんから検索して作品を探すことができます。こじっぺがお気に入りにしている男性はカリフォルニアの方らしいので、こじっぺの英語は多分カリフォルニア訛りが入ってるはずです(苦笑)

すべての短編があるわけではないですけど(2016年8月時点)シャーロックホームズも入ってますよ。

 

 正統派の方はやはりこちらをどうぞ

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

  • Audible, Inc.
  • ブック
  • 無料

 こじっぺ持ってないですけども(涙)

 

日本語版はこの辺りが無難かなと

新潮文庫のシャーロック・ホームズシリーズ 

シャーロック・ホームズの冒険(新潮文庫) シャーロック・ホームズ シリーズ

シャーロック・ホームズの冒険(新潮文庫) シャーロック・ホームズ シリーズ

 

 Kindleで探すと、安い訳本も出てるんですけど安いだけにとっても残念な訳と作りだったりするんですよね…。なので、ちょっとくらい高くて(と言っても500円くらいですが)まともな出版社さんが出してるのを買った方がいいと思います。

こじっぺが義父になる予定の人から借りたのも確か新潮社さんの文庫だったのでこちらおすすめしますね。

 

 青空文庫にもあります

i読書 - 青空文庫リーダー

i読書 - 青空文庫リーダー

  • yaslab
  • ブック
  • 無料

青空文庫にもシャーロック・ホームズがあります。ただし、検索するときに作品のタイトルで検索する(ボヘミアの醜聞とかここの作品名ね)必要があるのと、作者名で検索するときに「ドイル・アーサー・コナン」で探さないと出てこないのがちょっと戸惑うかもしれないです。

作品集別になってたりしないので、うっかりすると一番最初に読むシャーロック・ホームズがいきなりホームズの復活する話になったりする(こじっぺです)ので要注意!

 

一通り読み終わったらこちらもどうぞ 

コナンドイル財団公認の続編が出ております 

シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)

シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)

 

 コナン・ドイル死後、他の作者が書いたシャーロック・ホームズのお話です。作者はアンソニー・ホロヴィッツ(クリックでWikiに飛びます)実は、人生初めて読んだシャーロック・ホームズがこの本だったこじっぺです。最初に読んでも面白いですが、すべての作品を読み終わってから読むとなお一層面白いですよ。こじっぺは作品集読んでからもう一回読みました。

 

モリアーティ (角川書店単行本)

モリアーティ (角川書店単行本)

 

モリアーティさんがどういう人かは、ご存知ですよね…?(知らなかったお前が言うな) 

これも面白かったし一気に読んでしまったけれど、こじっぺはどちらかというと、絹の家の方が好きです。

 

もっとホームズしたい人に

この本を読んでシャーロキアンになろう!と言ってみる

シャーロック・ホームズの思考術 (ハヤカワ文庫NF)

シャーロック・ホームズの思考術 (ハヤカワ文庫NF)

 

 パイプを吸いながら歩き回りたくなること必至です。(真顔)