主婦ライターさんには「〆切は厳守します」と提案文に書いてほしいのですが、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

こんにちは。

こじっぺです。リモート社員としてライターの統括的な仕事と、副業でライターをやっております。

 

ライターの皆さんに質問です。

クラウドソーシングサイトで仕事に応募する場合、応募文に

 

「〆切(納期)は厳守します!」

 

って書いてますか?

 

クライアントの皆さんに質問です。

クラウドソーシングサイトで仕事を募集する場合に応募文に書かれている

 

「〆切(納期)は厳守します!」

 

の一文をどう思いますか?

この一文については、 

 

「〆切を守るのは当たり前だから、書かなくてもいい」

 

というお話もよく聞くんですが、クライアントの立場になってから

 

「〆切を守るのは当たり前だけど、書いてほしい」

 

と、思うようになりました…。

特に、子育て中のライターさんや兼業中の方には書いてほしいのです…。

今回の話はそんな話です…。

f:id:koshibu:20170226160933j:plain

(写真は「ぱくたそ」さんの「撫でてたら気持ちよさそうに寝た猫」)

 

〆切を守るのは当たり前なんだけど…。

どうやって守るのか具体的に書いてくれると安心するよ

「〆切を守るのは当たり前」です。これは当然です。

なのですが…。

 

ライターさんの中には 

 

『「〆切」あるいは「納期」の意味をご存知でしょうか…?』

 

と聞きたくなる方が少なからずいらっしゃるんですよね…。

こじっぺがクライアントの立場になってから、2ヶ月しか経ってないのに、実感がこもるってことはそこそこの頻度でいるってことなんでしょう。

(うちの採用担当にセンスがないだけかもしれませんが)

 

なので、ライターさんには、あえて「〆切は厳守します」って書いてほしい。

でも、ただ書くだけだと「当たり前じゃんwだから何??」ってなるので…。

ぜひ、具体的に書いてほしいんです。

 

例えば、

 

「ご依頼をいただいてから、〆切までに10日以上ある場合は、〆切の3日前の正午までに納品いたします」

 

「10本1セットのご依頼の場合、2日に1本のペースで順次納品させていただきます」

 

「記事のアウトライン(構成部分)のみ24時間以内に納品させていただきます。一度目を通していただいて、修正していただければと思っています」

 

などのようにです。

こうすることで、クライアントは

 

「あ、この人は、〆切の3日前までには原稿が上がってくるんだな」

「順次納品ならチェックが楽でいいな」

 

と、安心するんですね。

トラブルを事前に予測した早めの納品予定って嬉しい

具体的に「〆切を守るにあたってこのような計画を立てています」と書いてあると安心するのもそうなのですが…。

 

事前納品ってそこそこ高度なテクニックなんですよね。

どうしてそう思うかっていうと

  • 自分の執筆ペースを把握している必要がある
  • 起こりうるトラブルを予測する必要がある
  • 提案の時点で、ある程度全体像が見えている必要がある
  • プライベートも含めたタイムスケジュールができている必要がある

からです。

 

なので、具体的に「こうだから、こうすることができます」と言えるってことはそれだけでスキルが高いというイメージがあります。

子育て中or兼業だからって差別はしないよ

ただ、プロとしての自覚は持ってほしいのさぁ

たまーに

 

「子育て中のライターだと落とされるから、子育て中って言わない方がいいよ!」

 

というお話を聞くのですが…。

 

クライアントになった身としていうと、ライターさんに子育て中だろうと、兼業で忙しかろうと関係ないです。

 

「子供が熱を出しちゃったから、納期守れません」

「子供の行事があるので〆切伸ばしてください」

「本業でイレギュラーが発生したので、〆切守れませんでした」

 

という甘ったれた人は、子育て中なのを隠そうが兼業しているのを隠そうがいずれ干されます。

 

クラウドソーシングで働くということは、自分でスケジュールを組んで自分のできる範囲で、自分の責任を持って金を稼ぐということです。

 

おばあちゃん子の孫が気分でするお手伝いじゃないんだから、「やる」と言ったらならプロ意識を持ってやることが大事です。

仕事を責任持って完遂するのは無償ボランティアだってそう

で、よく見かけるのが

 

「だって単価が安いし」

「他の仕事の片手間でいいって言われたし」

 

と言って、納期も守らなければ、勝手な解釈で中途半端な成果物をあげる人。

 

無償のボランティアだって、「これやります!」って言った仕事は責任持って仕事するものなのに、その無責任さに呆れてしまうのですが…。

 

そういう人に覚えておいてほしいのが、

「子供が熱を出したからって、あなたの代わりがいるわけじゃない」

ということ。

仕事に応募するときにこのことをしっかり考えて応募してほしいです。

 

もっと言うと、依頼するこちらとしては、

「この人にお願いしたい!」

と思って依頼しているのであって、

「誰でもいいからやってくれればなんでもいい」

だなんて思ってないわけなのです。

予測不可能な事態だって起こるだろうから

どうしようもない事態はフォローしますよ

とはいえ、どうしようもない事態って起こるんですよねー。

人の生き死には計画立てれないですし。ね。

 

そんな時は、早め早めの「報連相」をしてください。

 

「やるっつったんだからやってよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」

 

とは言わないです。

  • 計画のどの辺りまで進んでいるのか
  • いつ頃までピンチが続くのか
  • どんなヘルプが必要なのか

などを共有してもらえれば、一緒に不測の事態を乗り越えることもできます。

 

「一人で悩まずに相談してみてね♬」

 

消費者金融のCMじゃないですが(苦笑)

実際、報連相が後手に回るほどに如何ともしがたい事態に近づいていきます…。

前もっての計画あっての不測の事態です…。

ただ、このあたりの報連相って、前もっての計画がないと自覚できないことがあるんですよね…。

 

身内の葬式が入った!

とか 

切迫流産しちゃった!

とか

学級閉鎖で子供が家にいっぱなしになった! 

 

などはわかりやすいんですが、記事の執筆スピードが思ったよりも遅かったとか、思ってたよりも調べ物が多かったとか、ある程度目安を作っておかないと〆切ギリギリまで気づかない方が多いようです…。

 

不測の事態が起こってるのかどうなのかっていうのは、事前の計画がないとわからないので、事前の計画は大事ですよ…。

〆切は守ればいいってもんじゃないのですよ…。

〆切直前の駆け込み納品ってかなり迷惑なんです…。

それと「〆切は厳守します!」と言っておいての「〆切直前駆け込み納品」も、できれば勘弁してほしいところ…。

 

数が数だとクライアント側が死にます…。

それを見越して「2日に1記事のペースで納品してください」って言ってるのに、そう言う人って読んでないみたいなんですよね…。

 

そう言うライターさんは、レギュレーションを全然読んでくれていないことが多いので上がってくる記事が使い物にならないこともしばしば…。

 

〆切の2時間前に怒涛のように記事執筆の質問されても、ちょっと困る…。 

自分がクライアントだったらって考えてみてほしい

「自分がクライアントだったら、今やろうとしている行為についてどう感じるか」

 

というところを、ちょっと考えてほしいのです…。

 

もしかしたらうちが、ライターさんに「もう二度とお前のとことは仕事してやらねーよ」と思われてるのかもしれませんが…。 

まとめ

〆切厳守しますと書くなら具体的に書いてみて!!

そんなわけで、主婦ライターさんにはぜひぜひ

 

「(こういう具体的理由をもって、)〆切を厳守します!」 

 

という文言を提案文に入れてみてください。

この提案文を悪く思うクライアントはいないはずですよー。

 

ではではー。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

こちらの記事も人気ですよー。

ライターを始めるなら吉見夏美さんの講座がオススメです

ライター初心者に吉見夏実講座をオススメする理由。金で師匠が買えるなら買っておいたほうがいい。 - リモート社員こじっぺのライター日記

 

こじっぺが5万円稼げるようになるまでの話

ライティング、これまでの軌跡。私が月に5万円稼げるようになるまで。 - リモート社員こじっぺのライター日記

 

文章の基本は、結城浩先生の「数学文章作法」がオススメです

結城浩先生の数学文章作法で文章の書き方のイロハを学ぶ。 - リモート社員こじっぺのライター日記