高橋フミアキさんの「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック」を読みながら修行してるよ。

スポンサーリンク

お前が言うなって言っちゃいや。

目下練習中であります。自分。

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

 

 こんにちは。

こじっぺです。

めんどくさい文章を読んで、例え話を用いて誰かに説明する能力には定評があるんですが、キャッチーなコピーをつける能力はあんまりないらしいです。

簡潔明瞭なタイトルつけができないというか苦手なんですね。

あれもこれもと盛ってしまって。

修行中です。

 

悩んでいたら出会ってしまった。

吉見さんのnoteの試し読みに書いてあった。

これですな

note.mu

この中に、WEBで読まれる文章に関するエッセンスはこの本にみんな書いてあるよ的なことが書いてあって、速攻購入したんです。

 

簡潔明瞭なタイトルがつけれないあなたに。

NG例と改善例が書いてあってわかりやすいんです

タイトルと見出しのつけ方から長文の書き方まで手取り足取り教えてくれます。

見開き1ページで、いい例と悪い例をあげながら書いてくれているので

読んでいるというよりは教わっている感じです。

NG例に自分がもれなく当てはまってるとベッコリ凹みます…。

 

いい例だけ読んでいっても改善される

やり慣れた悪い例から脱出するために良い例だけ読む

悪い例にごっそり当てはまって死にそうになったら、次からは良い例だけ読むように読むと効果的です。使い慣れた悪い例を払拭するために、良い例のパターンを頭に入れるんですね。直前に読んだ文章に影響されることってあるでしょう??

それと同じことです。

 

プレゼンにも使える

会社にいたときにデスクに置いておきたかった

プレゼンの構成やら画像の配置は得意な方だったんですが、キャッチコピーだの何だのタイトルつけはあんまり得意じゃなかったんですよね。まぁ、社内ではましな方でしたけども。この本があったなら、もっといろんな角度からアピールできたんじゃないかと思ってます。もっと早く出会えればよかったのに。

 

ちょっとした長文の書き方も出てるんだぜい

最後の章で出てくるんですがこれは必見です

読んだくらいじゃなかなか身につかないので、読んだ後の実践がとっても大切です。

でも、読まないと実践のしようもないわけで…。

文章の終わらせ方のテクニックがかなりキテます。

書き始めたはいいけれど、落とし所を見失ってなんだかふにゃふにゃな文章になることってあるでしょう?それが防げる。

なんて素敵な。

 

ビシッと決まる文章書きたい人にオススメです。

読んだ後練習必須ですけども

紙の本で買って、付箋もラインもガンガンひいて、パソコンの横に常に置きながらたまにコーヒーこぼしつつ使うのがよかろうかと思います。

こじっぺは、パソコンの横に置いたままパソコンを開かずにしばらく過ごした口です反面教師にでもしてください。本だけ読みましたとも。これから修行です。

 

 

他人に魅せる文章書けるようになりますよ。

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック