ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

抑うつ的な症状がそんなに激しくなかったのは、この「TED」を見てたから。

こんにちは、前職を辞めた直後は思い出すだけで小便もらすくらいの初期症状だったのに今はとりあえず無事なこじっぺです。

 

他の同僚は、泣きじゃくりながら職場に電話をかけてきてそのまま精神科に入院したのもいたのに、入院もせずにこうしていられるのは、恋人の愛の力とこの2つのTEDを観てたからです。(たぶん)

 

英語の勉強に見てたTED.comが役に立った

人生に無駄なことはないって本当だわ

TED.comのトークは、英語の勉強になるからって普段から見てたんですよね。暇があったわけじゃないんですけど…。Twitterに入り浸るよりも、Facebookに長居するよりも健全な感じがしたです。それに、子供が寝た後で見れるしキーボードを叩かなくてもいいっていうのが気楽だったので、長く続いてる習慣なんです。

脳細胞を増やしたいっていうヨコシマな思いから見たトーク

サンドリン・チュレ「新しい脳細胞を増やす方法」

www.ted.com

「楽して脳細胞増やしたい」(脳細胞が増えたからって賢くなるとは限らないと、今にして思うんですが、当時の私は「脳細胞が増える=賢くなる」と信じてましたw)という思いから見たこのTED。

がん患者がどうしてうつ病を発症しやすいのかっていう話から脳細胞を増やす話になっていきます。脳細胞はいくつになっても増えるということと、脳細胞を増やすのにいい習慣が紹介されていたんですよね。

 

ストレスフルな毎日からどうにか逃げたくて見た動画

ケリー・マクゴニカル「ストレスと友達になる方法」

www.ted.com

何しろ前職では、周りにストレスしかなかったものですから…。周りにふんだんにあるストレスを味方につけれるならこんなにいいことはないと思ってみたのがこの動画。

「ストレスは体にとって害である」という意識を「ストレスはこれから起こる出来事に対しての準備を体がしているのである」という意識に変えることでプラスにできるという話。

さらに、人と触れ合うことによって出るオキシトシンはストレスホルモンの一種であるという話も出てきます。

2つを見ていたことで、ひどい抑うつにならなかった

がん患者がうつ病になる理由と自分を重ねて

サンドリン・チュレの動画を思い出して、がんを克服したがん患者がうつ病になる理由を自分に重ねたんです。「脳細胞が増えないとうつ病になっちゃう」と思ったんですよね。それで、サンドリン・チュレの動画で紹介されていた「脳細胞を増やす習慣」を積極的に取り入れたんです。

つまり、スキンシップと睡眠、規則正しい食生活、適度な運動、DHA・EPAのサプリによる摂取。適度な運動と規則正しい食生活=ダイエットにもなるので、ダイエットに励んだというわけです。(結果12kg近く痩せました)

ストレスを感じるたびに「これは自分の味方」と言い聞かせた

ストレスを感じるたびに、「これは自分を害するものではない」と言い聞かせて誤魔化しました。それから、寂しいと思った時に素直に恋人に会うことに…。前職を辞めてから数ヶ月はかなりLINEのやり取りも激しかったし、会いに行く頻度も多かったんです。うつ病にならないために、かなり必死だったのもあるし、我慢できないくらい好きだったのもあるし。おかげで愛は深まりましたヨ。

 

そんなわけでTED.comいいですよ

実生活に役に立たないし…。と思っている人もいるかもしれないですが、そんなことないです。見ておくと後々いいことあるかもしれません。英語の勉強にもなるし、話し方の参考にもなります。暇つぶしにTED.com素敵ですよ。

i-tunesストアにアプリもあるので、サクサク見れます。ぜひ。

 

TED

TED

  • TED Conferences
  • 教育
  • 無料

 こんな感じ。有料アプリだと、動画の保存もできるものがあるらしいですが、こじっぺは無料の使ってます。(保存しても録画したドラマのごとく見ないきがするのです)

 

ついでに…。

 ケリー・マクゴニカルのストレスの話の本

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

ケリー・マクゴニカルのストレスを味方につける話は、本になってます。これも素敵な本なのでオススメですぞ。

 

あわせて読んでね 

www.kojippe-club.com

個人的にこのTEDがすごい好き。

 

www.kojippe-club.com

ダイエットでヒイヒイ言ってる頃のブログ。