手作りの一品を子どもに作るのって”ずるい”んだって〜。

スポンサーリンク

こんばんわ。こじっぺです。

我が家の近所には、そんなに子どもはいないんです。

いるにはいるんですけど、数少ない子どもの親がちょっと問題のある人だったりします。

子育てを近所に丸投げする親

なんです。

子どもが学校に通うようになってからは、ほぼ顔を合わせなくて済むようになったんですけど、久しぶりに彼女と顔を合わせたら

『ずるい』

と罵られたので、その話をしますだよ。

 

親が作った手作り洋服を着ているのがずるい

こじっぺは、手芸が趣味です(ストレス発散の手段でもあります)

子どもも自分もこじっぺが作った服・帽子・手袋・マフラーなんかを着ることが多いです。なので、他の子供とは違った服装してたりします。(市販の服もアレンジしてしまうし)

でも、彼女は手芸ができない(苦手らしい)親なんですね。

どれくらいできないかっていうと、幼稚園の入学用品を手芸やさんに頼んで別料金で作ってもらったくらいできない。(本人の弁)

で、彼女の子供が言ったんだそうです。

「こじっぺの子供は、他の子が着てない服を着ていて羨ましい」

「おかーさんは、どうして私のために服を作ってくれないのか」

と。

で、彼女は言ったのです。

「これ見よがしに、手作りの服なんか着せて!!ずるいじゃないのよ!!」

 

うちの子の服も作れという要求をはねてみる

「あんた、そんなに手芸が好きなら、うちにだってもう着ない大人ものの服があるんだから、それでうちの子の服も作りなさいよ!」

「不公平でしょ!!!!」

「うちの子がかわいそうだと思わないの!!???」

 

『自分で作ればいいんじゃない?』

『不公平というが、育つ環境が違うのは当たり前のことでは?』
『全然、かわいそうだと思わない』

『それでは何か、近所の医者の息子がブランド物を着て歩いているが、あなたは自分の子供がそれを見て「羨ましい」と言ったら、そこにも「うちの子にもブランド物の服を買え」と言いに行くのか?』

 

舌打ちして立ち去って行きました…。

 

そもそも、就学前の子どもだけで外遊びさせる親

しかも、家の近くには川が流れているのに。。

手口はこんな感じ。

  1. 子どもを外に出して、騒がせておく。
  2. 子どもの声を聞きつけた近所の人が窓越しに外を見る
  3. 子どもしかいないのに気づく
  4. 近所の人慌てて外に出て子どもの相手する
  5. 子どもの親は出てこない
  6. 外遊びに飽きると、子供は出てきてくれた近所の人の家へ
  7. 昼ごはん(晩御飯)は「家にないから」と言って近所の人が与えなければならない
  8. 一度面倒を見てしまうと、「見てもらって当たり前」になり、休日に突然「今日、この子たちの面倒お願いしますね」と言っていなくなる
  9. 近所の人、仕方なく面倒見る
  10. そのうち、パートに出始める
  11. 親が帰ってこない間は、近所の人がボランティアでみる

 

これって、育児放棄…。

 

通報すれども、変化なし。

近所の何人かは、育児放棄の疑いで市役所の担当部署に連絡したみたいなんですよね。

なんですけど、特に目立った変化はなし。

 

相変わらず、残念な親

子供が三人いらっしゃるんですけどね、彼女。

三人ともそういう育て方(育ててない気がする)をしたので、子どもたちは野生児のように育っております。

そのうち、問題起こさなきゃいいんですけど。

いや、正確に言うと問題を起こしてもいいんだけど、

うちは巻き込まないでほしい。

 

どっか引っ越していってくれないかなぁ…。

と、地味〜に呪ってみました。