ライティング、これまでの軌跡。私が月に5万円稼げるようになるまで。

スポンサーリンク

こんにちは。ちょっとずつスキルアップしてるライターこじっぺです。

ライターさんのブログを読んでいると

「開始4ヶ月で月収60万超えました!」

「開始1ヶ月半で30万超えました!」

っていうエントリーがモリモリ出てくるんですが…。

 

こじっぺそんなに稼げてない(ライティング始めて3ヶ月以上経つのに…。)

でも一応しっかりスキルアップはしてるので…これまでの軌跡をちょっとご紹介。

まぁ、なんといいますかね…。こういう人もライターしてるんだよ〜程度の参考にしてもらえれば…。

 

仕事探しのポリシー

著作権にはうるさい方です…。

こじっぺがクラウドソーシングでライティングをするにあたって、「仕事探しはこういう条件で探す」と決めていることがあります。それは…

  • 画像の著作権守ってる
    (クリエイティブ・コモンズライセンス知らないとかありえない)
  • 引用のルールしっかりしてる

の2つ。

実は、前職にいた頃にかなり苦労させられたんです…。なので、自分では絶対そういうクライアントさんとは取引しないぞと決めてたわけです。

 

とはいえ、キュレーションサイトさんにはお世話になりました。画像を自前で持っていたし引用ルールがしっかりしていたので、ここならいいかなと思ったんですよね。

ライティング始めてからこれまでの仕事歴

最初は400文字25円から400文字50円

最初は、クラウドワークスでひたすらにタスク形式のお仕事をしてました。まだリアルでの仕事を諦めていなかったので、ノルマのないものがよかったんです。

そうなると必然的に、文字単価が0.1円程度の案件が主になります。

あの頃メインでやっていた案件は…

・日記形式の記事を10記事単位で納品→400文字1記事25円(のちにアップして50円)

というタスク。

もっとも高単価なタスクで、1000文字600円でした。

 

タスク形式の中でもこの手のものって、クライアントさんが評価をつけてくれなかったりするのでやれどもやれども全然評価がつかなかったんですよね…。実績はつきましたが…。

この当時に稼いだのは1月で1万円くらいです。

リアルの仕事を諦め始めた頃にノルマのあるものに応募

タスクを地味にこなすうちに、「リアルの仕事はもうないんじゃないか」という絶望感に襲われて、ノルマのある案件に応募するようになりました。

最初に合格したのは、アフィリエイトサイトさんの記事作成で

・1記事700円→最終的に1300円

というもの。直接入力して納品するタイプの記事作成で、記事の構成やタイトル・大見出し小見出し、画像の挿入位置まで決まっているものでした。

 

それと、キュレーションサイトさんの構成を考える構成ライター

・1記事の構成を考えて150円

サジェストワードと関連キーワード、ターゲットにするキーワードが与えられていて、それを指定された個数の見出しにしていく作業。

見出し作りとはいえ、競合サイトも見なければいけなかったし、何よりも不慣れだったので、一個作るのに3時間くらいかかったりしてました。(最終的に40分程度でできるようにはなりましたが、それでも時給300円)

この辺の頃は、1月で3万円くらいの稼ぎ。

 

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

 

 この頃購入して、フセンまみれにした本。

他サイトに応募するも受からず悶々とする

他のサイトにも応募したのですが、やはり構成でまごまごしているようでは受かりませんでした。なにしろ、もっと単価のいい案件だと構成から見出し・タイトルまで自分でできて当たり前。画像もTwitterからの引用も適切なものができて当然なんですもの。

提案は浮かれどもテストライティングで弾かれるという日々が続きます。

 

で、構成ライターとしてお世話になっているサイトさんと、アフィリエイトサイトさんで技術を磨くことにしたんです。ライティングの速度が遅い(画像選定に時間がかかったり、下調べに時間かかってた)ので、1日みっちりやっても稼げる額は知れていましたが、依頼のある日はほぼ終日パソコンに向かってました。

記事を書くキュレーションサイトに合格する

そんな月日が半月以上流れた頃です。初心者OKのキュレーションサイトのテストライティングに合格しました。

・タイトルと見出しワードが決まっていて、1文字0.5円

というキュレーションサイトさん。画像選定は自社でお持ちの画像から選べば良いので著作権はほぼ気にしなくていいし、記事の案件もたくさんある中から好きなだけ選べたので、とても気軽にできました。

 

といっても、最初は3500文字の記事を書くのに半日以上かかっていたので、日中フル稼働しても1750円程度。今までもらっていた金額が少なかったので、それでも嬉しかったです。

この頃になってやっと月の稼ぎが5万円程度になってきます。

キュレーションサイトから卒業したくて悶える

キュレーションサイトさんは、記事のレベルに応じて文字単価がアップするタイプのキュレーションサイトさんで、記事レベルを詳細に示したマニュアルがありました。なので、もう20記事程度書いてレベルが上がったと認められれば、文字単価が0.5円から0.8円にアップするところだったんですが…。

 

書きたいお題やかけるお題がそこのキュレーションサイトさんになくなってしまったんです。サイトの方針が変わってしまったのか、これから力を入れたい方向がこじっぺ向きではなかったのかはわかりませんが…。

せっかく執筆スピードが2000文字を2時間弱になっていたのに、3500文字5時間に戻ってしまうという始末。これはいけないと思って、他の案件に応募をし始めます。

 

クラウドワークス一本ではいけないんじゃないかと思って、ランサーズに再登録したのもこの辺りです。

知人の紹介や書きたいジャンルも見えてきて他の案件に合格

悶えるこじっぺを見かねた知人がクライアントさんを紹介してくれて、テストに合格。ありがたいことにお世話になることになりました。やりたいことをやらせてくれるクライアントさんなので、とっても素敵なところです。

 

社会保険労務士の勉強をしているので、そっち関係の記事を作成したいと思っていたらそういうクライアントさんに巡り会えました。単発のご予定だったようなのですが、こちらもありがたいことに継続いただいてます。

 

文字単価が0.5円だったのが、一気に1円以上になりました。

ライティングはスキルが上がるのが目に見えて楽しい

スキルアップと努力の結果がすぐ見える

ここまでたったの4ヶ月程度の話です。

リアルな就職だと、実力が証明されるまで年単位でかかるなんて言われますが、ライティングはすぐに成果が目に見えてきます。

もちろん、スキルが蓄積されるまでの期間には個人差があるのでこじっぺよりも、もっとう〜んと早くスキルアップしていく人も数多くいるでしょう。

 

月収が数十万になるまでにはまだ時間がかかりそうだけれど、自分に足りないものを見つけてしっかり補うようにして努力していけば、目に見えて成果になっていくライティングの世界って楽しいです。

その分弱肉強食ってことでもありますが…。

 

参考になりましたか?

月収うん十万円です!って人ばかりじゃないんですよ〜。

すぐに始められますので、ご興味のある方はまずアカウントを作成してみては如何でしょうか?

 

クラウドソーシング「ランサーズ」