WEBライターとしての致命的欠陥ともいうべきコンプレックスを解消したくて悶々とする。

スポンサーリンク

こんにちは、ゲスい意味でなく悶々としておりますこじっぺです。

(ゲスい話もたまにしたいけど、タイトルを変えた手前しづらい…)

 

f:id:koshibu:20170114203359j:plain

実はこじっぺ、リモート社員としての役割が記事書く人の統括みたいな役割なんですよね…。

なんですが…。

 

 

署名記事なし・編集者との仕事経験なし

今までTwitterで記事の宣伝をしなかった理由

 

今の今までTwitterで

「記事書きました!読んでみてください!」

というお知らせをしなかったのは…。

 

クライアントさんから「お知らせしていいよ」という許可が出る記事を書いてないからなんです。

 

つまり、「署名は別の誰か」になっているので、

「この記事書いたのこじっぺです」

って言われると不都合なんですね。

 

なので、胸張って「これ書きました!」って言える記事がありません…。

 

さらに…。

 

あんまり校正受けたことない…

 

ないんです…。

アフィリエイトサイトさんやキュレーションサイトさんにお世話になったことはあるんですが、なんていうんでしょうか…紙媒体にいらっしゃるような感じの厳密な編集者さんや校正さんとお仕事したことないんですよね…。

 

「これでOK!!バッチリです‼︎」

「こんなにクオリティ高く仕上げてくださってありがとうございます‼︎」

 

って皆さん言ってくれるんです…。

今の会社も

 

「こじっぺさんのクオリティが素晴らしいので、これから入ってくるライターさん全員がこじっぺさんくらい書けるように指導してください!」

 

って言ってくれてるんですけど…。

 

記事は全力で書いてます。が…。

 

記事は全力で書いてます。

全力で書いたものがそうやってクライアントさんに喜んでもらえるのは、とってもありがたいことだし、名誉なことだとも感じてます。

 

でも…。

 

もしかしたら、もしかすると、

「褒められる=裏がある」

という図式が、頭に残っているだけかもしれない…し。

 

もしかすると、ぎっちり校正受けたら涙ぐんじゃうかもしれないけれど…。

 

褒められてばっかりでは

こんなぬるま湯に入っているような状態では

自分がダメになってしまう」

 

そんな気持ちがあるんです。

 

そもそもWEBライター名乗っていいのか?

任されたからには全力を尽くす!そのために…

 

「そもそも、編集者さんや校正さんとお仕事を経験したことのない人間がWEBライターなんて名乗ってていいんだろうか…?」

 

「そもそも、編集者さんや校正さんとお仕事を経験したことのない人間が人を指導する立場になっていいんだろうか…?」

 

「任された仕事は全力を尽くす。でも、もっともっと自分のことも磨きたい…!!」

 

そんなことで、悶々と悩んでたんですよね…。

 

今の自分に絶対的に不足しているもの

それは、人との繋がりと実践

 

あれこれウンウン悩んだ結果、今の自分をもっと成長させるためには、

 

『知識はもちろん、知識の実践と人との横の繋がりが絶対的に必要』

 

だなというところに至ったんですよね。

 

インプットとアウトプットの繰り返しだなんて、今更ですが…(苦笑)

それに加えて、今までような引きこもりではいかんだろうと…。

 

一本の映画を撮るように人生をデザインするなら

主人公のイベントは自分で作り出さねば

 

誰の言葉だったかは忘れてしまったんだけど…こじっぺが好きな言葉の一つに

 

「一本の映画を撮るように人生をデザインしなさい」

 

というのがあるんです。

 

自分の人生を映画に例えるなら、主演も監督も自分。

 

主人公の人生に変化を起こさせたい

 

と思うなら、変化を生じさせるイベントは監督である自分がストーリーを組んで起こさなければ。

主人公に変化を生じさせるイベントが起こるまで、黙って待っているという選択肢もあるけれど、それじゃおばあちゃんになっても起こらないかもしれないから。

 

思い立った時に、まず動く。

動いて自分の周りに波を起こす。

 

っていうのが大事だなと。

 

人との繋がりを求めて…

交流会に行くのはキビシイ…

 

いつも開催される度にハッシュタグを追っていた、ライター交流会。

contentz.jp

 今度のテーマは、こじっぺにとってタイムリーなことに「師匠は必要?」という内容だそうで、すっごく気になってるんですが…。

 

家族に相談してもやっぱり子供を見てくれる人がいなくて、本州に渡航するのは無理っぽい…。

さすがに子連れで本州に渡って、ホテルに一人子供を置いて行くわけにいかないし…。

(金銭的にもややキビシイものがある…)

 

でも、会社と家族以外の繋がりが欲しい!!

 

編集者さんが集うサロンがあったような?

編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議

 

フッと思い出したのが、「編集者さんが集うサロン」の話。

「確か有料サロンで、シナプスを利用していたような」と思って検索して見たらありました!

 

synapse.am

 

見つけたけど「編集女子」のタイトルで尻込みするヘタレな私…。

(編集したことない…)

 

勇気を出してサロン概要を読んでみた

 

ドキドキしながら、はぁはぁ息吐きながら読んでみたら…

 

・文章を書くことが好きな方
・本気でライターを目指す方
・ウェブライターをしているが方向性に悩んでいる方
・精神的にも経済的にも自立を目指したいウェブライターの方
・フリーのライターとして、世界中どこでも自分の仕事がこなせる環境を作り出したい方
・既に個人メディアを運営している方
・企業のメディア担当者として、企業ブログを運用をしている/運用を検討している方
・ブログを始めとするオンラインメディアでビジネスをしたい方
・女性向けのウェブメディアを運営している/運営を始めようと思っている方
・自分の名前(クレジット)で生きて行くヒントが欲しい方
・夢を追いかける仲間が欲しい方
・会社や学校以外の人と交流を持ちたい方
・モチベーションの高い仲間や、毎日を楽しく過ごしている仲間から刺激をうけたい方
・新しい女性の生き方を考えていきたい方
・毎日をもっと楽しく生きていきたい方
・オンラインサロンという特別な経験をしてみたい方

 

(引用元:Synapse(シナプス) - 編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議

太字をつけたのはこじっぺ)

 

ほぼ当てはまる…!!!

 

はい!!はい!!わたくし!!

こんな方にオススメのこんな方です!!!

 

なんですが…。

 

ヘタレはサロンの様子が知りたい… 

 

女子ばっかりの集いに苦手意識を持っているヘタレで申し訳ないです…。

いや、ほんと…そこまで当てはまったなら、とっとと入れよって話なんですが…。

 

 

280円ですぐにチラ見せしていただけるというので、チラ見してみました…。

 

で…。

やっぱり入りたい!!

 

そんなわけで…サロンに入りますよー 

月に4900円で憧れの人のいる場所に行ける

 

なりたい自分があるなら、憧れている人がいるなら、その人に近い場所に行くのが一番の近道!!

サロンのゲストメンバーは、

「ああ、素敵だなぁ」

「こういう生き方がしたい」

「こんな文章が書けるようになりたい」

と思っていた人ばかり…!!

 

サロンへの入会が、人生のどんなイベントになるのかもとっても楽しみです!!

(でもちょっと緊張する…)

 

こちらの本もオススメですヨ

今回入会を決めたサロンの本 

 やっぱり、サロンの概要がわかるものがあるって素敵です。

 

一本の映画を撮るように人生をデザインする本

ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚本」の作り方~

ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚本」の作り方~

 

 たまたま、図書館で見つけた本。

「一本の映画を撮るように人生をデザインする」

ための具体的な手法が軽快に書いてありますヨ。

考えを整理するにはmind mapがオススメです 

新版 ザ・マインドマップ(R)

新版 ザ・マインドマップ(R)

 

 最近どハマりしているマインンドマップ。

カラフルな色と絵を使って思考を整理する方法は、好みが分かれると思いますが、こじっぺにはあっていたみたい。

もっと前に出会いたかった一冊です。