ひきこもりのシンママが元おたくと結婚してみたら

ひきこもりだったシンママが元おたくの夫を捕まえて結婚してからの日記ブログ。ネット仕事の話なども

財務諸表・決算書が読めるようになりたくて…20冊本を読んだのでその中からオススメを紹介するね

こんにちはー。こじっぺです。

f:id:koshibu:20170511160747j:plain

ずいぶん前に書いた絵と同じ状況になっております(笑)

 

「簿記はほとんどやったことないけど、株にも興味があるし、決算書類くらい読めるようになりたい…!」

 

ということで、そっち関係の本を10冊読んだので、「これはわかりやすい…!」「頭にするする入って来るぞ…!」という本を紹介しますよー。

財務諸表・決算書を読めるようになるオススメ本6冊

書籍3冊+雑誌3冊

書籍3冊と雑誌3冊はこれ!

 

【書籍3冊】

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

図解・事例 財務諸表のツボを読む

 

【雑誌3冊】

週刊東洋経済 2017年9/9号 [雑誌](経済ニュースを深読みする 本物の会計力)

週刊ダイヤモンド 2017年 9/9 号 [雑誌] (会社の数字がわかる「決算書」100本ノック!)

週刊ダイヤモンド 2017年6/10号 [雑誌]

 

一番最初:財務諸表の勉強が楽になる2冊

「1秒」シリーズがわかりやすい!

「財務諸表?そんなめんどくさいもの読むのやだー」

「財務三表ってなに?指標ってなに?要するに何をどう見たらいいの?」

「なんでもいいから、どの数値がどうなってたら会社の状態がやばいのか教えてくれ!」

という状態から、一気に脱出できるのが、このシリーズ。

 

「会社の安全性を分析するには、貸借対照表のここをこう読んだらいい」

「会社の収益性を分析するには、損益計算書のここをこう読む」

「例えば、この企業の場合は〜」

という形で紹介してくれます。

財務諸表関係の説明本って、「そもそも財務三表とは…」みたいな話から始まるので、眠たくてしょうがない!

頑張って読み終わっても「で?財務諸表ってどこをどう見たら企業の安全性がわかるんだっけ?」ってなっちゃうし…。

 

でも、「1秒」シリーズは「安全性を知りたいならねー」というところから入るので、「そもそも」論がわかってなくても「ふーんそういうもんなんだ」となるし、なんとなくでも財務諸表が読めるようになります。

 

実践編だけ読んでも大丈夫ですが、できれば基本編から読んだ方がわかりやすいかも…。

 

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

 
「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

 

 

2番目:「財務諸表ってそもそもね」がわかりやすい本

大藪先生!ツボを教えてください!!

なんとなーくでも、「財務諸表のどこをどう読めば企業のあれこれがわかるのか」が頭に入ったら、「財務諸表とは、そもそも…」の話を勉強します!

 

これも色んな本が出てるんだけど…。

一番すんなり頭に入ってきたのが、この本!

図解・事例 財務諸表のツボを読む

図解・事例 財務諸表のツボを読む

 
  1.  財務諸表の仕組み
  2. 財務諸表の各論
  3. 財務諸表分析に関する理解

の順番で話が進んでいくので、「1秒」シリーズで読んだ話が「あー!そういうことだったのね!」「あ。1秒シリーズのあの話だ」という感じで理解が進みます。

 

図解・事例とあるように、図がふんだんに使われてるので読みやすいんですよー。

 

もっと財務諸表が欲しい!欲しがり屋さんの3冊

雑誌3冊で復習&事例ストック

3冊の雑誌は、時期がきたら注文できなくなっちゃうかもしれないので参考という感じの位置付けにしますね。

勉強を始めた時期がよかったのか、この3冊に巡り会えたのは本当に縁だったなぁと思ってます。 

総論的に復習したいなら

 総論的に復習したいなら、週刊ダイヤモンドさんの「これからの必須スキル 会計&ファイナンス」と週刊東洋経済さんの「本物の会計力 経済ニュースを深読みする」。

 

カラーだし図解は多いし、とにかく見やすいんですよ!これが!!

どちらかというと、週刊ダイヤモンドさんの方が初心者向け(?)かも。

週刊ダイヤモンド 2017年6/10号 [雑誌]

週刊ダイヤモンド 2017年6/10号 [雑誌]

 
週刊東洋経済 2017年9/9号 [雑誌](経済ニュースを深読みする 本物の会計力)

週刊東洋経済 2017年9/9号 [雑誌](経済ニュースを深読みする 本物の会計力)

 

 

とにかく実例を頭にいれたいなら

とにかく実例を頭にいれて、実践力を整えたいなら、週刊ダイヤモンドさんの「会社の数字がわかる反復練習 決算書100本ノック!」がオススメ。 

 

雑誌類は、楽天マガジンでチェックするのがオススメ

気に入ったのは紙で購入すればコスパいいよ

雑誌が売り切れてたー!というときは、目当ての雑誌を定期チェックするのがオススメ。

こういう雑誌は定期的に似たような特集を組むので、紹介した2誌をチェックしていれば同じ企画に巡り会う可能性は高いかも。

定期的にチェックするなら、楽天マガジン(31日間0円で試す)が便利ですよ。

 

楽天マガジンは、月額380円(税別)で約200誌が読み放題になるサービス。

週刊ダイヤモンドさんも東洋経済さんも200誌の中に入ってます!

週刊ダイヤモンドさんを一冊購入すると710円(税別)なので、半額でどちらもチェックできるってお得でしょ?

 

読み放題の雑誌は、閲覧できる期間が限られてる(だいたい次の号が発行されてから1ヶ月とかそれくらい)ので、手元に置いておきたい雑誌は書店で購入すればいいですよー。

 

 

まとめ

というわけで、財務諸表・決算書が読めるようになりたいときに読むとわかりやすい本を紹介しましたよー!

 

特に「1秒シリーズ」は、「財務諸表わかりにくいー!難しいからみるのも嫌ー!!」という概念を叩き壊してくれるので、本当にオススメ。

最初に読んだ本がこれじゃなかったら、勉強自体を途中で挫折してた可能性高いもの(笑)

 

最後にまとめてリンク貼っておきますね。

【書籍3冊】

※最初に読む2冊

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

※次に読む「そもそも財務諸表とは」な本

図解・事例 財務諸表のツボを読む

 

【雑誌3冊】

※復習&実践力要請に使う

週刊東洋経済 2017年9/9号 [雑誌](経済ニュースを深読みする 本物の会計力)

週刊ダイヤモンド 2017年 9/9 号 [雑誌] (会社の数字がわかる「決算書」100本ノック!)

週刊ダイヤモンド 2017年6/10号 [雑誌]

※雑誌の定期チェックに便利なサービス

楽天マガジン

 

ではではー(๑╹ω╹๑ )